2017.12.10
オススメ

【1/26】東東京バー『本所おけら長屋』畠山健二が語る「下町を楽しみつくす法!」

金はないけど情がある・・・。
お江戸は本所亀沢町の「おけら長屋」の個性豊かな面々が繰り広げる、笑いと涙と人情の世界!古典落語テイストで累計50万部突破の大ヒット時代小説『本所おけら長屋』。
okera_main

今回のSOOO dramatic!主催のトークイベント東東京バーは、『本所おけら長屋』シリーズの著者・畠山健二さんがゲストマスターです。本所育ちの本所在住で、地元が舞台の初の時代小説が大ヒット。J:COMでは、下町人を紹介する番組も放送中。仕事でも私生活でも下町を楽しみつくす著者が語る、ここだけの「耳よりネタ」を披露します。
江戸時代の下町長屋暮らしとは?下町の流儀・奥義、現代の下町トピック、そしてちょっぴり色っぽいハナシも。

江戸、落語、酒場、人情、色恋…下町愛が濃厚な2時間を、どうぞ堪能して下さい。

小説にも登場する下町で、江戸から現代の下町を、下町育ち&在住の畠山先生が語り尽くします!

【ゲストマスター:畠山健二(はたけやま・けんじ)】
okera_hatakeyama
1957年、東京都目黒区生まれ。墨田区本所育ち。演芸の台本執筆や演出、雑誌のコラム連載やものかき塾の講師も務める。
2012年『スプラッシュ マンション』(PHP文芸文庫)で小説家デビュー。翌年スタートの文庫書き下ろし時代小説「本所おけら長屋シリーズ」がベストセラーとなる。最新刊「おけら長屋(十)」は、2月8日発売予定!
その他の著書に『下町呑んだくれグルメ道』(河出文庫)、『超入門!江戸を楽しむ古典落語』(PHP文庫)がある。

・『本所おけら長屋』公式サイト
https://www.php.co.jp/okera/

・畠山健二 公式サイト
http://okeranote.com

『本所おけら長屋』畠山健二が語る「下町を楽しみつくす法!」

【日時】1月26日(金)19:30-21:30(開場19:00)
【料金】1,500 円(1ドリンク付) *当日現地精算
【予約】人数把握のため、出来るだけご予約いただけたら!当日参加ももちろんOKです。
ご予約は下記フォームからお願いいたします。

お申し込みフォーム

は入力必須項目です。
お名前
メールアドレス(PCからのメールを受け取れるアドレス)
TEL(日中ご連絡可能な番号)
参加人数
このイベントを知ったきっかけは?
コメントなど