2017.04.08

【5/25〜5/28】疎開サロン公演「ワーニャ伯父さん」

5月25(木)〜28(日)疎開サロン公演「ワーニャ伯父さん」が、SOOO dramatic!で上演されます。
sokai01

東東京のアートの発信地、谷根千を拠点に活動する疎開サロンが次に挑むのは、ロシアの巨匠・チェーホフの四大戯曲のひとつ『ワーニャ伯父さん』。そこには、100年以上の時を越えてもなお、人々の心に滲みわたる登場人物たちの言葉の数々が紡がれています。時代を経ても変わらないもの、時代を経て変わっていくもの―その価値観を見失わない街で、『ワーニャ伯父さん』がどんな化学変化を起こすのか。ヴァイオリンとピアノの生演奏とバラエティに富んだ俳優たちが、新進気鋭の演出家・田丸一宏と一緒に作り上げる世界を、どうぞ目撃してください。

◇疎開サロンとは
疎開サロンは、台東区を拠点に活動する演劇ユニット。主宰者は、演出家の田丸一宏を中心に、俳優、音楽家、カメラマンの4名である。演劇というひとつのツールをきっかけに集った非日常空間が、参加者の体験・実験の場となり、そのひとりひとりのそれぞれの人生や社会が豊かになることをモットーにしている。普遍的な人間社会のテーマを持つ世界の名作がわたしたちのバックボーンにあると考え、その中に現代人・日本人の社会性・地域性を活かした演劇の可能性を探る。
[最近の主な上演]
sokai02
2016/03/31~04/03『タルチュフ』
作:モリエール 演出:田丸一宏 場所:SOOOdramatic!
2016/05/03~04 d-倉庫現代劇作家シリーズ6参加『芝居』
作:サミュエル・ベケット 演出:田丸一宏
2016/09/22~25『牡丹燈籠』
原作:三遊亭円朝 演出:田丸一宏 場所:市田邸

◇演出家・田丸一宏プロフィール
sokai03
玉川大学文学部外国語学科ドイツ語専攻、日本映画学校卒業。卒業後、テレビドラマ、映画の助監督を経て、演劇へ転向。岡本健一、鈴木裕美、手塚とおる、千葉哲也、小川絵梨子、田尾下哲、野田秀樹などの演出助手を務める。最近では、ミュージカルやオペラの現場にも活動の場を広げている。世界的なドイツ人演出家、ペーター・コンヴィチュニー氏のオペラアカデミー参加。
最近の演出作品は、tpt86『小市民の結婚式』(作:ブレヒト)、疎開サロン『エレクトラ』(作:ホフマンスタール)『Play』(作:ベケット)『三文オペラ』(作:ブレヒト)『道成寺・弱法師~近代能楽集ノ内~』(作:三島由紀夫)、田尾下哲との共同演出『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』『プライヴェート・リハーサル』(作:田尾下哲)、オペラチックナイトvol.3『トスカ』、東京ニューシティ管弦楽団定期演奏会『蝶々夫人』(ハイライト上演)など。

疎開サロン公演「ワーニャ伯父さん」

・スタッフ
演出/田丸一宏、衣裳/萩野緑、照明/関嘉明、舞台監督/臼田典生
ギター指導/木谷仁、ダンス指導/郷間楓子、撮影/笛木雄樹、宣伝美術/照元萌子

・キャスト
岩崎MARK雄大(カクシンハン)、黒木佳奈、桑原なお(タイムリーオフィス)、郷間楓子、
小林裕、坂本翠(碗プロダクション)、外村道子(ECHOES)、野中ななみ、廣畑達也、三輪絢香
ヴァイオリン演奏/柴貴子

【公演日】
5月25日(木)…14時☆、19時★
5月26日(金)…14時★、19時☆
5月27日(土)…14時★、19時☆
5月28日(日)…13時☆、17時★
 [エレーナ役ダブルキャスト出演回 ☆桑原なお ★外村道子]
 ※開場は、開演の30分前です。
 ※25日(木)14時の回のみ、プレビュー公演500円引きでご覧いただけます。
 ※5月26日(金)夜の回限定イベント開催/開場中、ソプラノ歌手の荒牧小百合さんとバリトン歌手の藪内俊弥さんによるプロローグライブを開催いたします。

【料金】
全席自由3500円、プレビュー公演3000円(税込)

※チケット取り扱い先…カンフェティ
電話予約 0120-240-540(平日10時~17時)
WEB予約 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38567&

【チケットの問い合わせ先】
メール info@sokaisalon.com
電話 090-5423-7007(黒木)

【企画制作】
疎開サロン https://www.sokaisalon.com/